銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

FFレートとは

FFレートとは、フェデラル・ファンド(Federal Funds)レートの略で、連邦準備銀行(アメリカの中央銀行)に預け入れる無利息の準備金(フェデラル・ファンド)が不足している銀行が、余剰の出ている銀行に無担保で資金を借りるときに適用される金利を指します。
FFレートが成立する市場をフェデラル・ファンド市場といい、日本のコール市場に相当します。
アメリカは、連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で、連邦準備銀行の準備金の需給を調節し、FFレートの誘導目標を変更することで、金融政策の決定をしています。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

FFレートとはフェデラル・ファンド金利を略したもので、米国の代表的な短期金利です。連邦準備制度理事会が金融市場を調整する目的で作られた政策金利のことで、通常は無利息なので民間銀行は連邦準備銀行に超過残高分を委託して運用しています。市中銀行は準備金を維持するため、不足している場合は他所の銀行から資金を借りて義務づけられた金額にするために調達します。一方で資金に余裕がある場合は、他所の銀行に貸して利息を得ようとします。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

米国のFRSの加盟銀行は、預金残高の一定割合を連邦準備銀行に預け入れることが義務付けられています。
この預け入れるべき資金が不足している場合に、加盟銀行が互いに短期資金をやりとりする市場で成立する金利のことをFFレートと言います。日本の無担保コール翌日物に該当します。なお、FFレートが成立する市場をフェデラルファンド市場といい、日本のコール市場にあたります。ニューヨーク連銀は、そのフェデラルファンド市場に介入し、金融調整をおこなっています。米国における代表的な短期金利として、米連邦準備制度理事会(FRB)による金利の誘導目標水準が金融政策の指標となっています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)