銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

M&A(Merger and Acqusition) とは

Merger and Acquisitionの略称で企業の合併・買収のこと。
企業全体の合併・買収だけでなく、株式譲渡・新株引受・株式交換、事業譲渡、合併、会社分割などの様々な手法があり、特定の事業の譲渡やゆるやかな資本業務提携などを含めた広い意味での企業提携の総称として使われることもある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

M&Aは企業(組織)の合併(Mergers)・買収(Acquisitions)の頭文字を並べたものです。買収方法の選択・実行だけではなく、買収先企業の経営者や株主との折衝などの下準備、買収資金の調達方法の選択なども含めた、一連のプロセスを指す広義の用語として使われるのが一般的です。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

英語表記「Mergers and Acquisitions」の略で、「企業の合併や買収」のこと。
法的には、合併、会社分割、株式交換、株式移転、株式公開買い付け(TOB)などが相当します。広義では、提携までを含めてM&Aという場合があります。

(出典 大和証券ホームページ)

 

企業の合併、買収のことです。
関係会社同士の合併や買収でグループ再編をしたり、ある分野へ進出、強化を図ることを目的として実施されます。合併や買収のほか、株式交換等の方法で出資比率を引き上げることで経営権が移動することもM&Aの形態のひとつです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

企業の合併、買収。潤沢な手元資金を活用し、成長著しいアジア新興国への進出や資源権益獲得のため、日本企業による海外企業へのM&Aが活発化している。企業が厳しい競争を勝ち抜いたり、成長を続けたりするための経営戦略の1つにM&Aがあります。多角化のため新規事業を立ち上げたり、販路拡大のため新規市場に参入したりする際、自社で一から立ち上げるには相当の時間とコストが必要になります。ところが、すでにその分野で実績のある企業をM&Aで取り込んでしまえば、その労力を一気に省くことができるというわけです。近年、日本の少子高齢化による市場縮小に備えて、通信や飲料、医薬品などの分野で日本企業による大型の海外M&Aが相次ぎ、グローバルに展開して成長しようとする動きが顕著となっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)