銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

MEBOとは

Management Employee Buyoutの略称。一般的に、買収対象会社の経営陣と従業員が一体となって、金融投資家と共同して対象会社株式を買収する取引をいう。なお、対象会社株式を買収する際、従業員の参加が明示されない場合を一般的にMBO(マネジメント・バイアウト)という。

(出典 野村證券ホームページ)

 

MEBOとは、対象会社の経営陣と従業員が一体となって資金を出資し、対象会社の株式や事業部門を取得する企業買収の一形態をいう。
経営陣および従業員だけでは買収資金を調達できない場合、経営陣および従業員が投資ファンドなどとともにMEBOを実施することがある。

(出典 山田コンサルティンググループホームページ)

 

買収対象会社の役職員が一体となって、投資家と共同して対象企業の株式を買収する取引のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

MEBOは「マネジメント・アンド・エンプロイ・バイアウト」の略で、M&Aの一種です。会社の経営陣と従業員が一緒になって、金融機関などと共同して買収対象の企業の株式を取得し、その企業の経営権を掌握することを言います。MEBOに参加した従業員は、積極的に経営戦略に関わっていくことになるのが特徴です。経営に関わることで、従業員に企業価値を高めようという中・長期的な意欲向上を促していく効果が期待できると言われています。

(出典 東海東京証券ホームページ)