銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

MMFとは

マネー・マネージメント・ファンド(Money Management Fund)の略称。主要な投資対象を国債など国内外の公社債や譲渡性預金(CD)、コマーシャル・ペーパーなどの短期金融資産とするオープン型の公社債投資信託。運用成果は実績に応じて変わるため、元本が保証されているものではない。

1円以上1円単位で購入でき、毎日収益が計上され、その収益は、1ヵ月分まとめて再投資される。

MMFの年換算利回りは、平均実績分配額(主に直近7日間の分配金の実績を1万口あたり・1日あたりで平均した値)から年率の利回りを算出したもので、計算式は年換算利回り(%)=(1日当たりの平均実績分配額×365÷10000)×100で表される。

運用内容からはMRFと混同しがちだが、証券口座に入金すると自動的に運用されるMRFに対し、MMFは公社債投資信託として別途、購入の申し込みを必要とする。また、MMF取得日から換金代金の支払開始日の前日までの日数が30日未満の換金については、信託財産留保額がかかる。

2016年1月の税制改正で、MMFの利子や収益分配金、譲渡・償還損益も上場株式・公募株式投資信託等と同様に申告分離課税・損益通算の対象となった。

2016年2月には日銀がマイナス金利政策を導入。短期金融資産の利回り低下で運用難になったMMFの繰上げ償還が相次いだ。

(出典 野村證券ホームページ)

 

マネー・マネジメント・ファンドの英語表記「Money Manegement Fund」の略で、銀行の普通預金に類似した実績分配型の追加型の公社債投資信託。
運用実績により毎日収益を分配し、月末に一括再投資する1カ月複利のファンドです。申込単位は1円以上1円単位で、投資期間は自由、手数料はありません。元本が保証されているわけではありませんが、短期の公社債に投資するため、株式型投資信託に比べてリスクが少ない商品です。

(出典 大和証券ホームページ)

 

投資家から預かったお金を、安全性の高い公社債や社債のほかCD(譲渡性預金)、CP(コマーシャルペーパー)など短期金融商品で運用し安定した収益の確保を目指す投資信託のことを指します。
1円以上1円単位で購入でき、毎日収益が計上され、その収益は、1カ月分まとめて再投資されます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

Money Management Fundの略。代表的な公社債投資信託です。残存期間が短く格付の高い債券や短期金融商品を中心に運用されています。購入・換金はいつでも行えますが、30日未満の換金に際しては解約時に信託財産留保額が差し引かれます。

(出典 楽天証券ホームページ)

 

MMF(Money Management Fund、まねー・まねじめんと・ふぁんど)とは、毎日決算を行い、安全性の高い国内外の公社債や短期の金融商品を中心に運用する追加型公社債投資信託である。MMFは、買付日から30日未満での解約については解約コスト(信託財産留保額)が必要であり、元本割れの可能性もある。
購入に際しては、他の公社債投資信託と同様に購入申し込み手続きが必要である。なお、解約コストを必要とせず、購入を自動で行うことができる類似商品をMRFという。

(出典 みずほ証券ホームページ)

 

MMFとは、Money Management Fundの頭文字をとったもので、公社債投資信託の一つです。比較的残存期間の短い内外の公社債や短期金融商品で運用されています。運用資産に株式は含まれず、円建てのMMFが海外債券に投資する場合には原則的に為替ヘッジ(為替変動リスクの回避)が行われます。リスクの低い運用が行われるため安全性が高い商品ですが、他の投資信託と同様に元本保証ではありません。毎日決算が行われ、分配金は毎月最終営業日に税金を差し引いた上でまとめて再投資されます。一般的に、1円以上1円単位で購入することができますが、購入から30日未満の解約には1万口につき10円の信託財産留保額が差し引かれます。

(出典 新生銀行ホームページ)

 

MMFとはMoney Management Fundの略称で、主要な投資の対象を短期金融融資産とするオープン型の公社債投資信託です。1円以上1円単位で購入できる手軽さが魅力な上に、毎日収益がわかり、その収益は1ヶ月分まとめて再投資されます。ただし、金融機関の預金とは違い、運用の成果には実績によって変動がかなりあるので元本が保証されているわけではないないため、そのことをしっかりと把握した上で行うようにします。

(出典 東海東京証券ホームページ)