銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

ERISA法とは

米国において1974年に制定された企業年金制度や福利厚生制度の設計や運営を統一的に規定する連邦法。Employee Retirement Income Security Act(従業員退職所得保障法)の頭文字をとってERISA(エリサ)と呼ばれている。企業年金については、制度に加入している従業員の受給権を保護することを最大の目的としており、(1)加入員や行政サイドに対する情報開示、(2)制度への加入資格や受給権付与の最低基準、(3)年金資産の最低積立基準の設定、(4)制度の管理・運営者の受託者責任、(5)制度終了保険、などが規定されている。

(出典 企業年金連合会ホームページ)

 

米国で1974年に制定された従業員退職所得保証法(ERISA:Employee Retirement Income Security Act of 1974)の通称。企業の退職給付制度を包括的に規制する連邦法。

企業などが運営する私的な退職給付制度を対象に、制度加入者や給付金受取人の受給権保護を主な目的として制定された。ERISA法では支払保証制度について規定しており、年金受給権はいかなる理由があっても保護されることとなっている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

米国で1974年に制定された企業年金制度や福利厚生制度の設計、運営を統一的に規定する法律のこと。エリサは従業員退職所得保障法の英文表記「Employee Retirement Income Security Act」の略称「ERISA」です。年金を受給する人の権利保護を最大の目的としており、加入者などに対する情報開示や制度への加入資格、年金資産の最低積み立て基準、受託者責任の明確化などを定めています。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

ERISA法というのは、従業員退職所得保証法の通称です。アメリカで1974年に制定されました。ERISAというのは、「Employee Retirement Income Security Act of 1974」の略称で、企業の退職給付金制度を包括的に規制するための連邦法です。この連邦法は、制度加入者や給付金受取人の、受給権保護を目的として作られたものです。支払い保証制度について規定した物で、年金受給権はどのような理由でも保護されることになっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)