銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

L.P.(Limited Partnership)とは

Limited Partnership(リミテッド・パートナーシップ)の略称で、米国などで認められている企業形態の一つ。無限責任を負う最低1名のゼネラル・パートナー(GP)と、有限責任のリミテッド・パートナー(LP)とによって組織される形態。LPは有限責任である代わりに、経営に参加できないという制約がある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

L.P.とはLimited Partnershipの略で、アメリカなどで認められている企業形態のひとつです。無限責任を負うゼネラルパートナー(GP)が最低1人と、有限責任を持つリミテッドパートナー(LP)により構成される組織の形態です。ゼネラルパートナーが死亡したり、破産した場合は直ちにL.P.は解散となります。リミテッドパートナーは有限責任である代わりに、経営戦略に関わることができなかったり、ゼネラルパートーナーの新規加入に対しても人事権を持ちません。

(出典 東海東京証券ホームページ)