銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

縁故地方債とは

発行団体と縁故関係のある特定の者が引受ける地方債のこと。
銀行や保険会社等を対象とした銀行等縁故債、および地方共済組合等を対象とした共済等縁故債などがある。
発行方式には、証券による形式と、証書借り入れによる形式がある。近年、証券による形式で発行される割合は低下傾向にある。これは、時価会計制度の導入により、保有する金融機関側が、期末の時価評価を不要とするために、証書形式を選好しているためと考えられる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

発行団体と縁故関係のある特定の者が引受ける都道府県、市町村などが発行する地方債のことを言います。
縁故地方債には、銀行や保険会社等を対象とした銀行等縁故債、および地方共済組合等を対象とした共済等縁故債などの種類があります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

「銀行等引受債」の以前の名称。
2003年度から「銀行等引受債」に名称が変更されました。銀行等引受債は、都道府県などの地方公共団体が地元の金融機関などを対象に発行する地方債のことです。

(出典 大和証券ホームページ)

 

縁故地方債とは非公募債のひとつで、発行する団体と関係が深い特定の者が引き受ける地方債のことを言います。別名では「銀行等引受地方債」とも言い、都道府県、市町村の地方自治体が発行する債券です。その種類には銀行や保険会社などを対象にした「銀行等縁故債」、地方共済組合などを対象にした「共済等縁故債」、地元の企業などを対象にした「会社等縁故債」があります。発行の形式に関しては「証券」によるものと「証書借り入れ」によるものとの2つあります。近年では時価会計制度の導入により「証書借り入れ」による形式が増加傾向にあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)