銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

エンジェルとは

創業から間もないベンチャー企業に対して、資金を提供する個人投資家のこと。
「エンジェル投資家」ともいいます。ベンチャー企業は経営基盤が弱く、信用力に乏しいため、銀行などからの資金調達が難しいのが一般的です。エンジェルは、こうした企業をバックアップするために資金を提供し、企業は投資の見返りとして株式などを提供します。

(出典 大和証券ホームページ)

 

エンジェルとは、創業前や創業間も無いベンチャー企業に資金を提供する個人投資家のことです。ベンチャー企業は経営基盤が弱く、信用力も乏しいため、銀行などから資金を調達することは容易ではありません。そこでエンジェルは資金を提供し、多くの場合、ベンチャー企業の経営にも積極的に参加します。現在、ベンチャー企業への投資を促進するため、一定のベンチャー企業への投資を行った個人投資家は、その投資およびキャピタルゲインについて税制上の優遇を受けることができるエンジェル税制が存在します。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

エンジェルとは、自分のポケットマネーを使って投資を行う、個人の投資家。

ベンチャー・キャピタル(VC)が他人の資金を集めてファンドを組み、期間を決めて投資を行うのに対し、エンジェルは自分の判断で投資を行い、期間も限定しない。企業家の夢に投資をし、サポートを行う。

エンジェルは、投資家個人が出資の判断を行うので意思決定が早い。その代わり、個人のポケットマネーであるため、VCに比べて金額は少ない。開発資金やスタートアップ資金に適している。

我が国では、成功した起業家がエンジェルとなるケースが多かったが、近年では裾野が広がっている。

(出典 グロービス経営大学院ホームページ)