銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

円高とは

円高とは、他国通貨に対する円の価値が高くなることです。日本円はかつて、1ドル=360円という固定相場制でしたが、1973年に変動相場制に移行しました。これにより円に対する各国通貨の価値は、経済成長率やインフレ率などの経済情勢に応じて、そのつど変動するようになりました。外国通貨と円の交換比率を示すのが為替レートで、日々刻々と変化します。その最も代表的なものがドル・円レートで、1ドル=100円という形で表します。「円」の金額が1ドル=90円などと、比較時点より安くなることを円高といいます。反対に1ドル=110円などと高くなることを円安といいます。
日本の経済は輸出産業が支えている割合が多いので、円高になると輸出するときの商品価格が高くなって競争力が低下し、輸出企業は利益を出しづらくなります。その結果、不景気になり、株式市場も下落する傾向があります。円高による不況を「円高不況」といいます。その一方で、輸入品が安く輸入でき、海外企業の買収を有利にできるといった側面もあります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

外国為替市場で、日本円と、米ドルやユーロなどの外国通貨との交換比率(=為替レート)は、通常、常に変化するものであるが、日本円の価値が、外国通貨より高くなることを円高という。対義語は「円安」。

例えば、為替レートが1ドル=100円から1ドル=80円の方向に向かう状況のことをいう。円高になると、1ドル=100円で取引していたものが1ドル=80円となるため、国内から海外へ製品を輸出する企業にとっては従来よりも売上が減る。一方、海外から国内に製品を輸入する企業にとっては従来よりも安く製品を購入することができる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

外国の通貨に対して、円の価値が高くなること。先行き円高が進行しやすい国際環境にあり、急激な円高進行や日本経済の空洞化問題への不安が増大、国内設備投資や新事業展開に二の足を踏む企業も出て来た。ユーロやポンド、豪ドルなどさまざまな通貨があり、これらに対する円の価値が高くなることを指します。たとえば、1米ドル=100円から1米ドル=90円へと為替レートが動いた場合は、10円円高と表現します。円高が進むと、日本の輸出産業の国際競争力が低下し、企業業績の悪化懸念から株安になる傾向があるといえます。

(出典 東海東京証券ホームページ)