銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

円短期運用とは

金融機関や機関投資家が、円資産において、コールや手形、CD、CPなどの1年以内の短期資金を取引する市場(短期金融市場)で、安定的な運用をおこなうこと。
市場参加者によって、金融機関に限定される「インターバンク市場」と、限定されない「オープン市場」がある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

円短期運用とは、金融機関や機関投資家が短期金融市場で安定定期な運用を行うことを指します。短期金融市場というのは、1年以内の短期の資金の取引を行うマーケット(市場)で、インターバンク市場とオープン市場があります。インターバンク市場が主に金融機関しか参加できないのに対して、オープン市場は金融機関以外にも事業法人、外国企業なども参加できます。円短期運用では、銀行などの金融機関では、日々の資金繰りで余った分をインターバンク市場などで運用し、それ以外のところはオープン市場で運用するのが一般的です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

コールや手形のインターバンク市場、CDやCP、現先、FB、TBなどのオープン市場といった、自由な金利形成がおこなわれている短期金融市場で、安定的な運用をおこなうことをいいます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)