銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

大口取引とは

大口取引(おおぐちとりひき)とは、取引所以外での取引において、一つの銘柄あたり5000万円を超える売買代金の取引のことをいいます。300万円までの取引は小口取引、300万円から5000万円までの取引は準大口取引、50億円を超える場合の取引は超大型取引となります。立会外取引は、大口取引を好都合とする機関投資家が、一般投資家への影響を及ぼさずとも売買成立可能な取引であるという点が魅力だと言われています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

取引所外取引において、一銘柄あたりの売買金額が5000万円を超える取引のこと。50億円を超える取引は、超大口取引という。

(出典 野村證券ホームページ)

 

債券の売買取引において5000万円以上の売買についての取引ことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)