銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

OTCとは

OTCとは店頭取引のことで、取引所を介さない直接的な取引のことを言い、Over The Counterの略称です。外国為替や債券等が取り引きの対象になり、売買は当事者同士の1対1で行われ、取引方法や価格、決済方法の詳細なども当事者間で決定します。証券会社やブローカーが取引所を介さずに、直接取り引きを行うことで、取引所への発注の手間を省いて大量の売買を行うことができるなど、多くのメリットが存在します。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

over the counterの略称。直訳すると「店頭」を意味するが、経済・金融の専門用語では取引所を介さない相対取引のことをさす。売買する当事者間で数量・価格・決済方法が決められる。

代表的な例としては債券、為替、FRA、IRSなどの非上場商品の取引がこれにあたる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

英語表記「Over The Counter」の略で、取引所を介さずに売り手と買い手が1対1で直接取引する「相対取引」のこと。
当事者同士であらかじめ「価格」「数量」「決済方法」を決めてから行う取引で、取引所外取引のひとつです。

(出典 大和証券ホームページ)

 

OTCとは、取引所を介さずに行われる相対取引(Over the Counter Transaction)をいいます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)