銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

オーバーウェイトとは

資産配分を決定する際に、ある投資対象への配分比率を、基準となる資産の配分比率より多くすること。

(出典 野村證券ホームページ)

 

資産配分を決定する際に、特定の投資対象への配分比率を、基準となる資産の配分比率より多くすることをいいます。
例えば日経平均をベンチマークにしている場合に、ある銘柄について日経平均への影響度よりも大きい割合でポートフォリオを構成した場合、その銘柄はオーバーウェイトということになります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

オーバーウェイトとは、投資において、運用時の資産配分を決定する際に、投資対象への配分比率を、基準(ベンチマーク)となる資産の配分比率よりも高くすることを指します。一般的には、オーバーウェイトの他、基準と同程度に配分を決定するニュートラル、基準よりも低く配分するアンダーウェイトの3つの種類があります。例えば、投資対象Aがあったとします。このAには、株式投資の魅力が高いと判断され、配分比率を基準よりも「高く」設定しました。基準よりも配分を高くしたということは、このファンドは、投資対象Aの株式をオーバーウェイトしている、ということになります。

(出典 東海東京証券ホームページ)