銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

オープンエンド型投資信託とは

オープン・エンド型投資信託とは、いつでも換金可能な投資信託のことです。
国内の多くの投資信託はオープン・エンド型投資信託であり、換金する場合の価格は1日1回確定する基準価額になります。
オープン・エンド型投資信託に対し、換金はできないけれど、市場で売買される投資信託をクローズド・エンド型投資信託といい、上場投資信託/ETFや、不動産投資信託/REITがこれに当たります。

(出典 SMBC 日興証券ホームページ)

 

発行者が、同ファンドを保有する投資家から換金の申し込みを受けた場合に、発行証券を買い戻すことを保証している投資信託。

投資家の側からみると、常時、自由に換金することが可能な投資信託で、換金は一般的に純資産価額(基準価額)に基づいて行われる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

発行者が証券の買い戻しを保証している投資信託のこと。
いつでも自由に換金することができます。日本の投信の多くはオープンエンド型です。一方、発行者が買い戻しを保証していない投信のことをクローズドエンド型といいます。よく似た用語に「クローズ型」(単位型投資信託)がありますが、こちらは、ファンドが設定されたあと償還まで元本の追加が行われない投資信託のことです。

(出典 大和証券ホームページ)

 

オープンエンド型投資信託とは、投資信託の換金方法の可否を基準にした分類で投資が好きなタイミングで自由に換金できるタイプの投資信託のことです。このタイプの投資信託は、いつでも解約されることが大丈夫なタイプなので、ファンド全体の資金量が少なくなってしまうという特徴があります。国内におけるオープンエンドの投資信託は、かなり多いです。途中で解約して換金することができないタイプもあるが、それはクローズドエンド型と言われています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

運用期間中の投資家による解約請求権が認められている投資信託で、いつでも発行者に解約を請求し、時価に応じた資金を受け取ることができます。
※ただしファンドによっては、安定運用を行うために設定から一定期間を「クローズド期間(解約禁止期間)」とするケースもあります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

ファンド設定後も受益権の追加発行や払い戻しをファンドの1口あたりの純資産額を基準としてある程度自由に行うことができる投資信託のことです。追加型投資信託とも呼びます。

(出典 セゾン投信ホームページ)