銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

黄金株とは

黄金株とは、株主総会で会社の合併などの重要議案を否決できる特別な株式のことで、拒否権付き株式ともいわれます。株式を買い占められる敵対的買収への防衛策のひとつですが、逆に権限が乱用される可能性があるため、譲渡制限が設けられる場合があります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

株主総会又は取締役会において、重要議案を否決できる権利を与えられた特別な種類株式で、拒否権付株式ともいう。敵対的買収防衛策の一つとされ、敵対的買収者が出した提案を株主総会で否決してもらうことができる。東証等は、取締役の過半数の選解任その他重要な事項についての黄金株は上場廃止基準の対象としている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株主総会又は取締役会において決議すべき事項のうち、その株主総会の決議の他に、種類株主を構成員とする種類株主総会の決議を必要とする旨の定めが設けられている株式のこと。拒否権付株式ともいう。(会社法第108条1項八号)
敵対的買収に対する防衛策としては、会社に友好的な株主に黄金株を与え、敵対的買収が成立した場合においても、敵対的買収者の議案を否決できるようにする、といった形で使われる。この他に、議決権加重株式などがある。

(出典 山田コンサルティンググループホームページ)

 

黄金株(Golden Share)とは、拒否権付種類株式であり、役員の選解任や合併・事業譲渡の承認などに対する拒否権の行使が可能な種類株のことをいう。なお、拒否権行使の可能な事項については、拒否権付種類株式の最初の発行が行われるまでに企業の定款に定められている必要がある。
 黄金株を保有する株主は、敵対的買収による合併提案などに対して拒否権を行使することで、これらを否決することができる。そのため、黄金株を発行し、会社経営者に友好的な株主に保有してもらうことで買収防衛策の1つとなる。
 旧商法では黄金株に譲渡制限を設けることが認められていなかったが、会社法により他者への譲渡制限付き黄金株の発行が可能になった。

(出典 みずほ証券ホームページ)

 

種類株式の一種で、買収や合併などの重要事項の株主総会決議に関して拒否権を行使できる株式のこと。
「拒否権付株式」ともいいます。譲渡には取締役会の承認を得るなどの制限を付け、信頼できる人を株主にしておくことで、敵対的買収に対する防衛策となります。一方で、過半数の株主の賛成する買収提案でも経営者の恣意(しい)的判断で否決することが可能となるため、海外では黄金株を厳しく規制しており、東京証券取引所は、取締役の過半数の選解任その他重要な事項についての黄金株は、上場廃止基準の対象としています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

黄金株とは拒否権付株式とも呼ばれ、種類株の一種であり、重要事項の議決を拒否できる権利を付与した株式のことを言います。これは株主総会などにおいて、重要議案を否決できる権利を与えられた株式で、敵対的買収防衛策のひとつとされ、敵対的買収者が出した提案を株主総会で否決してもらうことができます。海外では、黄金株を厳しく規制しており、米国の証券取引所では発行を禁止しており、近年欧州連合でも廃止の方向性にあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)