銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

黄金分割比率とは

「0.618対0.382」、または「1対0.618、1.618対1」の比率で、本来あるべき美しい姿を表している比率とされ、見た目に快く感じられる比率といわれる。古代ギリシャがルーツとされており、ピラミッドやくもの巣、十字架、トランプなど、自然界から身の回りまでありとあらゆるところで見られる。

イタリアの数学者フィボナッチが紹介したフィボナッチ数列は、1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233…となり、この数列は黄金比率と密接な関係がある。例えば、3以降の数字は、前の数字に対する増加率が1.618に無限に近づいて行き、連続する3つの数字の比率は、0.618:1:1.618となる。フィボナッチ数列も、ヒマワリの花びらの数など身の回りで多く見つけることができる。

このように、自然界に多くあふれる黄金分割比率やフィボナッチ数列を、マーケットの値動きにもあてはめ、相場の戻り測定や上値目標値を計算する場合に用いられている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

黄金分割比率とは、見た目が最も快く感じられる比率と言われ、数値で表すと「0.618対0.382」「1対0.168」「1.168対1」で示されます。有名なものとして、ピラミッドや十字架、トランプ、蜘蛛の巣など、生活や自然界に溶け込んでいます。更に黄金分割比率を利用し数列化したフィナボナッチ数列は、マーケティングの値動きに当てはめて用いられるようになり、相場の戻り測定や上値目標値を計算する場合に利用されています。

(出典 東海東京証券ホームページ)