銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

欧州経済共同体とは

欧州連合(EU)、欧州共同体(EC)の前身で、欧州諸国の経済分野の統合によって、米国、ソ連に対抗できる欧州共同市場の形成を目指し、ドイツ(西ドイツ)、ベルギー、フランス、イタリア、ルクセンブルグ、オランダの6カ国が1958年に発足させた国際機関のこと。加盟国間の関税の統一、資本・労働力移動の自由化、農業政策の共通化など、経済協力を主とした。

同6カ国が石炭と鉄鋼の共同運営を行うため1951年に設立した欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)の経済統合を、広く他の産業部門にまで拡大したもので、これにエネルギー分野での経済統合を目指して結成された欧州原子力共同体(EURATOM)を合わせた3つが合体し、1967年には欧州共同体(EC)が発足。1993年には欧州連合(EU)となった。

(出典 野村證券ホームページ)

 

欧州経済共同体とは、欧州連合や、欧州共同体の前身であり、欧州諸国が経済分野で統合することにより、アメリカやソ連に対抗できる欧州共同市場の形成を目指して発足した国際機関のことを指します。欧州経済共同体は1958年に発足し、ドイツやベルギー、フランス、イタリアなどの6カ国が含まれます。加盟国間の関税を統一することや、資本、労働力の移動を自由化すること、農業政策の共通化など、経済的な協力を特徴としました。

(出典 東海東京証券ホームページ)