銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

欧州通貨単位とは

ECU(European Currency Unit)。欧州通貨制度の下で導入された、参加国通貨の加重平均をとった通貨バスケット単位のこと。

1979年から1998年まで使用され、実際に流通する通貨ではなく、中央銀行間の決済手段や準備資産の単位として活用された。1999年には欧州通貨が統一され、単一通貨ユーロへ移行した。

(出典 野村證券ホームページ)

 

欧州通貨単位は、EUCとも呼ばれ、欧州通貨制度下で導入された、参加国の通貨の加重平均を取った、通貨バスケット単位のことを指す言葉です。この欧州通貨単位は、1979年から1998年まで利用されました。また、欧州通貨単位は、実際に流通する通貨としてではなく、中央銀行同士の決済の手段としてや、準備資産の単位として用いられました。1999年には、欧州通貨の統一が図られ、単一通貨であるユーロへと移行しました。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

ECU(European Currency Unit)。欧州通貨制度の下で導入された、参加国通貨の加重平均をとった通貨バスケット単位のこと。 1979年から1998年まで使用され、実際に流通する通貨ではなく、中央銀行間の決済手段や準備資産の単位として活用された。1999年には欧州通貨が統一され、単一通貨ユーロへ移行した。

(出典 QUICKホームページ)