銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

応募者利回りとは

新発債を発行日に購入して償還期限(満期日)まで保有した場合の利回り。新発債を購入した日から最終償還日まで所有した場合に入ってくる受取利息と償還差損益との合計額が、投資元本に対して年何%になるのかをみるもの。

応募者利回り(%)={表面利率+(額面金額−発行価格)÷償還年限}÷発行価格×100

(出典 野村證券ホームページ)

 

応募者利回りとは、新規発行の債券(新発債)を発行日に発行価格で購入し、最終償還期日(満期日)まで所有した場合に、償還までの間に受け取ることができる利子と償還差損益との合計額が、投資元本に対して年何%になるかを見る利回りのことです。 なお、債券の利回りには、応募者利回り以外に、最終利回り、所有期間利回り、直接利回りなどもあります。

計算式
応募者利回り(%)=年利率+(額面-発行価格)÷期間

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

応募者利回りは、債券に投資する際に新規に発行される債券を発行日に発行価格で買って満期となる償還期日まで保有した場合の利回りを言います。この債券は、確定利付証券に応募した人の利回りで新規の債券を買った日から満期日まで保有した場合に得られる受けとり利息と償還差損益との合計額が投資した元本にとって何パーセントになるのかを参照するためのものです。額面価格よりも低い価格のものをアンダーパーと呼ばれ、逆をオーバーパーといわれます。

(出典 東海東京証券ホームページ)