銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

大底とは

マーケットで使われる用語で、ある一定期間に付けたいくつかの安値のうち、最も低い水準を大底という。例えば、相場が下げ止まり、回復基調に転換することを「大底を入れる」と表現する。

(出典 野村證券ホームページ)

 

底の中で一番安いところ。
大底は「陰の極み」ともいいます。
⇔大天井(おおてんじょう)

(出典 大和証券ホームページ)

 

相場や株価の一番安いところ。サブプライムローン問題で、底値圏にあった株価は大底を打ったとみられる。下値(底)を切り下げながら株価が下落していく下降トレンドの最終局面で、これ以上下落しなかったところが「大底」です。下値不安がなくなった大底で買えれば大きな利益につながる可能性が高いものの、その判断が難しいところです。なお、大底が確認できたことを「大底を打った」と表現します。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

相場が最も下落した状態のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)