銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

大台とは

株価の頭ケタの水準で大半の銘柄は百円や千円単位。大台を上回ることを「大台乗せ」(例えば900円台から1000円台になる)、下回ることを「大台割れ」という。A社株は心理的節目となる10,000円の大台に乗せる場面があった。10,000円または1,000円など、比較的大きい単位で節目となる値段の区切りを「大台」といいます。たとえば9,800円台だった株価が10,000円になれば「10,000円の大台に乗った」、逆に9800円に株価が下がれば「10,000円の大台を割り込んだ」、再び戻れば「10,000円の大台を回復した」と表現します。なお、大台は多くの投資家が心理的に意識している節目にもなっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

相場で数字のケタの大きな境目。通常はケタが変わる際に用いられ、大台を上回ることを「大台乗せ」、下回ることを「大台割れ」と呼びます。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

十円台は小台、百円台は大台、千円台は大大台という。ただし、一般的には、株価の桁がかわる際に用いられる。大台を上回ることを「大台乗せ」、逆に下回ることを「大台割れ」と呼ぶ。

(出典 野村證券ホームページ)