銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

押し目買いとは

株価が上昇している局面で、一時的に株価が下落したタイミングを見計らって買いを入れる手法です。株価が下落することを相場用語で「押す」と表現することからこう呼ばれます。広義では「逆張り」の投資手法に含まれますが、一定期間株価が継続的に上昇した後、利益確定の売りに押されて少し下落したタイミングで買いを入れるときにも「押し目買い」といいます。「押し目を拾う」といった用法も同義です。なお、株価だけでなく、債券相場や為替相場、商品相場などでも広く用いられる相場用語です。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

相場が上昇トレンドにあるときに、利益確定売りなどで一時的に相場が下がる調整局面をねらって、買いを入れること。逆張りの投資手法の1つ。

(出典 野村證券ホームページ)

 

上昇していた株価が一時的に下がった際に、買付けること。通常、大型上場の前は投資家が資金手当てのための現金売りで相場は下落しやすいが、そこは押し目買いの好機とみる。株価の上昇トレンドが続く銘柄が一時的に下落した際、そのタイミングを狙って買いを入れることを「押し目買い」または「押し目を拾う」といいます。押し目は、利益確定や外的要因のリスク回避など売り圧力で生じますが、これを待っていた投資家の買いが入ることで株価は切り返すパターンが多い。株価の上昇トレンドが続く限り、押し目買いは利益に結び付きやすい方法といえます。

(出典 東海東京証券ホームページ)