銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

押し目待ちとは

買おうと思うが株価は上がる一方。とはいうものの、どうせ一本調子では上がるまい。一度は下がってくるときがあるだろう。そこで買おう――というのが、押目待ち。しかし、相場の勢いが強いときには、なかなか望みどおりには下がってくれないものだ。結局「押目待ちの押目なし」となり、相当高くなってから買ったり、あるいはついに買いを諦めざるを得ないことになる。

また押目待ちの気持ちには、最初買おうと思った値段にこだわる傾向がある。だから、仮に押目があったにしても、小幅であるときには「もう少しで自分の考えていた値段まで下がる」と考え、せっかくの買いチャンスを逃がす場合も多い。

その反対に、下げ相場になって売り損なった人が、少しでも高く売りたい気持ちから戻りを待つが、その期待もむなしく相場はどんどん下がり、ついに売れなかったり大底で投げる羽目に陥る。これが「戻り待ちに戻りなし」である。

押目と戻りについては「初押しは買い 初戻りは売り」という格言もある。いわば経験法則とでもいうべきものだが、どのような場合にでも必ず当てはまるとは限らない。押目と戻りの性格を的確に把握した上で、この格言を応用すべきだろう。例えば本格的な上げ相場での初押しとか、長い上げ相場に転換期がきて下げ過程に入ったときの初戻りなどには、この格言が有効となるだろう。

古い格言でも「戻り待ちに戻りなし」をいったものがある。

大いに下がる相場は、そろそろ段々下がる(ジリ安になる)。ようやく二分ほどならでは戻らず、とかく安値にて保合い、段々と下がるなり。それゆえ弱気の人は、戻りあれば売るべしと、値を待ちて売り遅るること多し。(八木豹之巻)

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

押し目を待って買おうとすること。「押し目待ちに押し目なし」という格言は、このような場合、予想に反して押し目を作らずに株価が上昇してしまい、投資好機を逸することが多いとの意味。A社の株価は今日で7日続伸。まさに押し目待ちに押し目なしの展開となっている。株価の上昇トレンドが続く銘柄が一時的に下落した際、そのタイミングを狙って買いを入れようと待っていることを「押し目待ち」といいます。しかし、「押し目待ちの押し目なし」と格言にあるように上昇相場では上がる勢いが強いため、なかなか押し目のチャンスが少ないこともあります。そうしたことから、「初押しは買い」と、相場が上昇する初期段階での押し目は見逃さずに積極的に買うべき、という格言があります。

(出典 東海東京証券ホームページ)