銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

オバマケアとは

米国のオバマ前大統領が推進した医療保険制度改革法のこと。正式名称はThe Patient Protection and Affordable Care Act。

医療保険に加入していない無保険者の増加に歯止めをかけ、全ての米国民が十分な医療サービスを受けられる国民皆保険を目指して制定された。低所得者には補助金を支給し、未加入者には罰金を義務付けている。2010年に法案が成立し14年1月から適用が開始されたが反発も強く、保険料の上昇など問題点も指摘されている。

トランプ現大統領はオバマケアの廃止を公約で掲げているが、米議会(上院と下院)での見解不一致などが背景にあり、2017年12月末時点で代替法案の成立は見送られている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

オバマケア(Obama-care)とは2014年1月からスタートした医療保険制度改革法(Patient Protection Affordable Care Act 通常は「Affordable Care Act」と呼ばれる場合が多い)の略称だ。
 2010年3月にオバマ大統領が署名し、成立したことからこの名称で呼ばれており、すべてのアメリカ国民が医療保険に加入することを促進することを目的としている。なおここでいう「アメリカ国民」とは「アメリカにおける税法上の居住者」を指すため、日本からアメリカに駐在している日本人等も含まれることになる。ただし、留学生等、就労アメリカで就労資格がなく、税務申告が必要でない人は適用除外になる場合もある。

(出典 労政時報ホームページ)

 

オバマケアとは、アフォーダブル・ケア・アクトと本来は言うのですが、いわゆるアメリカのオバマ大統領が推進している国民皆保険制度のことです。アメリカは先進国なのですが、そうした皆保険制度が無いので、作った方が良いということで推進しているのです。約5000万人のアメリカ人が医療保険に加入していないところから、こういった制度を創設しようとしているが、アメリカ建国の精神に反すると反対する声が非常に多いです。

(出典 東海東京証券ホームページ)