銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

オフショア市場とは

自由な国際資本取引を促進するために、金融規制や課税方式などを国内市場と切り離し、比較的自由な取引を認めた非居住者向けの金融市場です。岸から離れた市場という意味でオフショアといいます。日本では1986年12月に、円の国際化を図るために東京オフショア市場が開設されました。同市場の参加者には預金準備率や源泉税などが課されません。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

非居住者の金融・証券取引に対して金融規制や税制面で優遇されている国際金融市場のこと。
日本では1986年に東京オフショア市場が設立され、国内金融機関が取引を行う場合には、財務大臣の承認を得て「特別国際金融取引勘定(オフショア勘定)」を開設し、通常の取引とは別勘定にしなければなりません。

(出典 大和証券ホームページ)

 

国境を越えて行われる資金取引に対して金融税制上の制約を少なくした国際金融市場のことです。主に非居住者取引のために設けられています。
海外から調達した資金を海外へ貸し付ける取引を原則としており、取引の参加者は限定されています。一般的に源泉所得税が課せられません。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

主に非居住者(外国人投資家)向けの金融市場。国内市場とは切り離し、金融ルールや税制上の制約をほとんど受けないため、比較的自由な国際金融取引ができる。

(出典 マネックス証券ホームページ

)

 

オフショア市場とは、文字通り海の向こう側の、つまり異なる国において行われる資金の移動・運用の行為に対して、法規制とか課税方式などを日本国内と切り離して、特に多くの資金をその国の非居住者が取引するための市場ことです。1986年には東京オフショア市場も創設されたことがあります。そのほかでは、ケイマン諸島やバハマ・イギリス・アメリカ・ルクセンブルクにそういった市場があり、そちらの市場のほうが世界的な知名度が高いです。

(出典 東海東京証券ホームページ)