銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

オプション取引とは

ある商品を、将来のある期日までに、その時の市場価格に関係なくあらかじめ決められた特定の価格(=権利行使価格)で買う権利、又は売る権利を売買する取引のことをさす。
買う権利をコール・オプション、売る権利をプット・オプションという。各々の権利に対してつけられる価格のことをプレミアムという。

(出典 野村證券ホームページ)

 

オプション取引とは、証券や通貨または商品など(原資産という)を将来の決められた期日までに、そのときの市場価格に関係なくあらかじめ決められた特定の価格(権利行使価格)で買う権利、または売る権利を売買する取引のことをいい、デリバティブ商品のひとつです。
原資産を買う権利についてのオプションを「コールオプション」、売る権利についてのオプションを「プットオプション」と呼び、それぞれの権利に対してつけられる価格のことをオプション料もしくはプレミアムといいます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

デリバティブ(金融派生商品)のひとつで、特定の原資産について、一定の期日(期間内)に、あらかじめ決められた数量を、あらかじめ決められた価格で、受け渡しする「権利」を「売買」する取引。「買う権利」のことをコールオプション、「売り権利」のことをプットオプションを呼びます。オプションの購入者は、この権利を行使することも放棄することも可能で、損失を限定できるというメリットがあります。一定の期日(権利行使日)にのみ権利行使ができる「ヨーロピアンタイプ」と一定の期間内にいつでも権利行使できる「アメリカンタイプ」があります。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

例えば、自動車を購入する際、カーナビなどのメーカーオプション装備を「付けるか、付けないか」を自由に選択できます。
また、インターネットプロバイダー契約におけるウイルスメール駆除サービスのオプションは「利用するか、利用しないか」を選択できるものです。
このように、「オプション」とは、自分の好みや事情に応じて「使うか、使わないかを決められる権利」、つまり「選択権」のことです。

さて、株価指数など有価証券のオプション取引とは、ある対象商品をあらかじめ定められた期間にあらかじめ決められた価格で「買うか、買わないか」もしくは「売るか、売らないか」を選べる「権利」の売買のことです。買う権利を「コール・オプション」、売る権利を「プット・オプション」といい、オプション取引では、コール・オプション、プット・オプションをそれぞれ売買することができます。オプションを行使すると、あらかじめ決められた価格でそのモノを売買できます。
オプション取引の対象には、「日経平均株価」や「東証株価指数(TOPIX)」、「日経株価指数300」などの株価指数のほかに、「国債先物オプション」や個別の株式でもオプション取引の対象となるものもあります。

オプションはそれ自体に値段が付いて取引されます。この値段をプレミアムといいます。オプション取引はさまざまな組み合わせをすることによって、株式相場がどんな状況でも利益を上げることができますが、価格変動が大きく、場合によっては、損失が無限になることもあります。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

ある商品(株式、債券など)を、あらかじめ定められた期間(または期日)に、あらかじめ定められた価格で買ったり売ったりする権利の取引のこと。大別して原商品を買い入れる権利の「コール」と、売却する権利の「プット」がある。日経平均株価が下落すると予想し、オプション取引で「プット」を買っていたため、本日の日経平均株価急落時に売却したため大きな評価益が得られた。オプションとは権利のことで、買う権利をコール・オプション、売る権利をプット・オプションといいます。相場が上昇する前にコール・オプション(買う権利)を購入しておけば、実際に相場が上昇したときにコール・オプションの売却又はSC決済により利益を得られます。反対に、相場下落前にプット・オプション(売る権利)を購入しておけば、相場下落後に実際の価格より高い価値となり、プット・オプションの売却又はSC決済により利益を上げることができます。オプションの買いは損失限定ですが、売りの損失は無限大です。日本では、日経225先物や個別株式などのオプションが売買されています。

(出典 東海東京証券ホームページ)