銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

オフバランスシートとは

会社の資産・負債であっても、バランスシート(=貸借対照表)に計上されないこと。たとえば、先物取引やオプション取引などの取引は、元本を想定して取引をおこなう。しかし実際に想定元本を払い込んだり、受取ったりするわけではないので、貸借対照表に計上されない。オフバランスシート取引、または簿外取引ともいわれている。

また工場などの資産を得るために、借入金を用いて取得した場合に、借入金に対しての利子を支払わなくてはならない。会社が利益を上げたとしても、利益の中から、利子を支払っていくので、総資産利益率の値が低くなってしまう。低くなるということは、会社の評価が低くなってしまうので、あらたに借入をする場合には、借入コストが上昇してしまう。これを解決する方法として、資産を証券化して売却する方法がある(例:資産担保証券)。すると支払わなければならない利子が減少し、総資産利益率が向上するので、借入コストが減少することにつながる。

このように総資産利益率や自己資本利益率等を高めるために、オフバランス化させることは有効な手段であるとされている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

バランスシート(貸借対照表)に計上されないこと。資産を健全化するために、債権、不動産などの資産を証券化して売却したりすることで、オフバランス化する方法があります。また、先物取引やオプション取引などの取引は、想定元本を払い込んだり、受取ったりしないため、貸借対照表に計上されません。オフバランスシート取引、または簿外取引ともいわれています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

オフバランスシートとは、会社の資産や負債であっても、バランスシート(貸借対照表)に計上されないことをいいます。先物取引やオプション取引などの取引は、元本を想定して取引を行ないますが、実際には想定の元本は払い込んでいるため、バランスシートには計上されないのです。バランスシートから、資産と負債を消すことによって、外部からの評価を高めることができ、借入や金利負担を軽減して、資産利益率を向上させることが可能です。

(出典 東海東京証券ホームページ)