銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

オペレーショナルインテリジェンスとは

企業経営において、業務現場で起こっている大容量で多様な情報をリアルタイムに収集・分析し、現在の状況を可視化することで速やかに意思決定すること。事業に役立つ知見を導出するためのデータはビッグデータと呼ばれ、データを処理する新しい技術として複合イベント処理(Complex Event Processing、CEP)などが用いられる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

オペレーショナルインテリジェンスとは、企業経営において業務現場で起こっている大容量で多様なデータをリアルタイムに収集、分析し、意思決定を行うことを指します。ビックデータと呼ばれる情報を駆使して情報を可視化し、事業に役立つ知見を導出します。それらのデータを処理する技術として複合イベント処理であるComplex Event Processingなどが用いられています。IT技術が進歩した現代において、オペレーショナルインテリジェンスは戦略的、効率的な意思決定に欠かせないツールとなっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)