銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

織込み済みとは

株価に影響を与えるニュース等(=「材料」)について、その発表前に内容がある程度予想され、すでに株価に反映されていることを、「織り込み済み」という。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

株価に影響のある要因が、既に株価に反映されていること。つまり新たなニュースが出ても、株価が動かなかった場合などを織込み済みという。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株価が好材料や悪材料の影響をすでに反映した状態のこと。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

織込み済みとは、株価の推移に対して影響を及ぼすようなプラスの材料や、マイナスの材料が出たときに、すでに株価にはその要因が反映されており、ほとんど影響を及ぼさないことを指して使われます。ある銘柄が大幅な増収増益となったのに、そのニュースが公になる前から、市場関係者の間で、すでに予想されており、その予想をもとに既に株価が上昇している場合などは、実際にニュースが出てもほとんど上がらない場合などがこれにあたります。

(出典 東海東京証券ホームページ)