銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

卸売物価指数とは

「国内卸売物価指数」「輸出物価指数」「輸入物価指数」「総合卸売物価指数」の4種類の物価指数は、日本銀行が2002年まで、毎月発表していた統計だった。卸売物価指数の基準が改定され、「企業物価指数」に移行した。

卸売とは、卸売商が小売商やほかの卸売商に売ることをいい、企業間で取引される商品の売買をさす。この段階での価格を指数化したものが「卸売物価指数」であった。「卸売物価指数」は、企業間で取引される商品を900品目以上選定し算出され、消費者の手に渡る前の価格を捉えるので、景気判断に活用されていた。

(出典 野村證券ホームページ)

 

日本銀行が2002年まで、毎月発表。国内卸売物価指数、輸出物価指数、輸入物価指数の3指数とこれらを合成した総合卸売物価指数で構成されています。卸売物価指数の基準が改定され、「2000年基準企業物価指数」に移行しました。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

卸売物価指数とは、2002年12月まで日本銀行が毎月公表していた企業間で取引される中間財や原材料の価格変動を示す指数のことです。現在は基準が改定され、企業物価指数に移りました。消費者に製品が渡る前の価格動向を捉えるのに用いられ、景気判断に活用されていました。国内企業物価指数(国内生産品を対象)、輸出物価指数(輸出品を対象)、輸入物価指数(輸入品を対象)の3つの基本分類指数と、これら3つの指数を総合した総合卸売物価指数があります。

(出典 東海東京証券ホームページ)