銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

海外直接投資とは

海外で経営参加や技術提携を目的に行う投資のこと。現地法人の設立や外国法人への資本参加、不動産取得などを通じて行う。当該国では雇用の創出、技術移転などが期待できることから、特に開発途上国などで積極的な受け入れを行っている。英語表記はForeign Direct Investment(FDI)。

(出典 野村證券ホームページ)

 

海外直接投資とは、海外での資産運用だけでなく、経営参加や技術提携なども目的とした海外投資のことを指している証券用語になっています。インターネットなどでは、この投資を行っているような人の体験談などものっていますので、このような投資に興味のある方というかたなどに、おすすめになっています。このように海外直接投資について紹介してきましたが、最近では海外などで、このような投資を行う人なども増えてきているようです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

海外での単なる資産運用ではなく、経営参加や技術提携を目的にした対外投資のことで、現地法人の設立や既存外国法人への資本参加、支店設置、不動産取得などを行なうことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)