銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

買掛金とは

貸借対照表の貸方項目の負債の部で計上され、1年以内に返済する予定の流動負債の一つ。

具体的には、商品を仕入れる等サービスの提供を受けたものの、まだ代金を支払っていないものをいう。一方、製品・商品の販売やサービスを提供したものの、まだ代金が回収されていないものを売掛金という。

売掛金、買掛金とも、企業の信用にもとづいた、現時点ではなく将来の現金の受取りや支払いを約束した取引であり、企業間の信用取引の一種である。

(出典 野村證券ホームページ)

 

商品やサービスを受けた対価として、まだ支払っていない未払い金のこと。

⇔売掛金

(出典 大和証券ホームページ)

 

買掛金とは、貸借対照表の貸方の負債に計上される、1年以内に返済される予定の流動資産のひとつのことです。商品を仕入れたり、サービスの提供を受けたけれど、まだ代金が未払いのものを言います。企業の信用に基づいて現時点ではなく将来の現金の受け取り、支払いを約束した取引で、企業間の信用取引のひとつです。仕入先ごとに買掛金の増減、残高などを取引発生順に記録する買掛金元帳(仕入先元帳)を作成して管理するのが一般的です。

(出典 東海東京証券ホームページ)


仕入先との間で発生した営業上の未払い額のことです。
買掛金は、企業の営業活動の一環として発生したもので、商品や原材料などを掛けで仕入れた時の仕入れ代金、提供された役務の対価に相当する未払い額がこれに該当します。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

買掛金勘定とは、会計処理における勘定科目の一つであり、通常の営業活動の中で生じた債務を管理する処理のことを指す。

買掛金は基本的に短期間で回収されるものであるが、債務であることに変わりはないため、科目属性としては負債として処理され、無利子の借金をしているのと同様の扱いとなる。

買掛金の具体例としては、掛買いで仕入れた商品や原材料等の代金や、外注を依頼した際の未払い代金などがこれに該当するが、固定資産や備品などのような通常業務と直接関係のない取引によって発生した債務に関しては、買掛金ではなく未払金勘定を使用する。

ただし、電気・ガス・水道・販売手数料といった料金に関しては、営業活動に直結する債務であった場合にも未払金として処理することが一般的であるほか、業種によっては買掛金勘定を使用せずほかの勘定科目(たとえば建設業では「工事未払金」)を用いる場合もある。

買掛金と対比する概念としては売掛金があるが、同一の取引先に対して買掛金と売掛金が同時に発生していたとしても、貸借対照表では相殺せず個別に記載する必要がある。

(出典 マネーフォワードホームページ)