銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

買掛債務とは

債務とは、借りたお金を返すといった、義務のことをいう。商品やサービスの提供を受けたものの、納めていない代金を支払う義務のこと。

買掛債務は負債とみなされ、買掛金とか支払手形などがこれにあたる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

買掛債務とは、特定の会社から商品やサービスの提供を受けたものの、まだ納めていない代金を支払う義務のことである。取引先の会社から商品や製造に必要な材料の提供を受けた場合、すぐに現金で代金を支払うのではなく、一定期間あるいは 1ヶ月分の代金をまとめて後日に支払うのが一般的な方法である。

このまだ支払っていない時期に生じる金銭債務のことを、買掛債務と呼んでいる。買掛債務は負債とみなされるが、これには買掛金や支払手形などがある。会社は商品や原材料を仕入れて、仕入と買掛債務が生じると、勘定科目として仕入先ごとに日付や用途・金額を管理できる。

ある特定の会社から商品やサービスの提供を受けて、買掛債務を処理する際には、納品書などを用いて検収時にチェックする必要がある。

こうした検収作業を確実に行うことで、買掛債務の誤りや問題を前もって防ぐことができる。そのため、買掛債務を正しく管理することが、非常に重要になってくる。

(出典 マネーフォワードホームページ)

 

買掛債務とは、企業が経済活動に必要になる商品や原材料などの財貨、またはサービスを仕入先から信用取引によって購入することから生まれる未払い金のことを指します。仕入取引の際、企業が仕入先に対して約束手形を振り出すか、為替手形を引き受けるなどした場合には、その未払い金は、企業会計上、支払手形勘定で処理されます。しかし、未払い金が帳簿上の債務として記録されるにとどまる場合には、買取勘定で会計処理されます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

商品やサービスを購入したものの、まだ納めていない代金を支払う義務のことです。会社の負債の一つで、具体的なものには「買掛金」や「支払手形」などが該当します。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)