銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

外貨準備高とは

通貨当局(日本では財務省の外国為替資金特別会計と日本銀行)が保有している外貨の量。輸入代金の決済、対外債務の返済や自国通貨の為替レートの急激な変動を防ぐことなどの目的で外貨準備を行います。民間が所有する資産は含まれていません。内訳は、外貨資産(預金、債券等)、金、SDR(IMFの特別引出権)、IMFリザーブポジション(IMF加盟国が出資金に応じてほぼ無条件で借りられる相当額)の4種類です。日本は外貨準備高をドル建て資産である米国債券中心に保有しています。日本の外貨準備高は財務省が毎月発表しています。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

通貨当局が保有する流動性の高い外貨建て資産(預金、証券など)の残高です。通貨当局による為替介入などに用いられます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

外貨準備高とは、各国の通貨当局が管理、保有している直ちに利用することが可能な流動性の高い、外国債券や外貨建定期預金などの外貨建て資産の残高のことです。主に輸入代金の決済や、他国への外貨建債務の返済に充てられたり、外国為替相場の急激な変動を安定させるための為替介入に利用されています。外貨準備高は日本が世界第2位となっています。これは、日本が海外への輸出が多い国であることから、日本の企業が輸出により稼いだ外貨が積み重なった結果といわれています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

各国の通貨当局(日本の場合=日本銀行+外国為替資金特別会計)が保有する流動性の高い外貨建て資産(外国債券や外貨建定期預金など)の残高のこと。輸入代金の決済や対外債務の返済に充てるほか、外国為替相場の急激な変動を制御し、安定させるための為替介入に用いる。

(出典 野村證券ホームページ)