銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

外貨建て債券とは

円以外の通貨(外国通貨)で元本を払い込み、外貨建てで償還金や利息を払うことを約束している債券を外貨建て債券と呼ぶ。

日本円の資金をこの外貨建て債券で運用し、最終的に日本円で回収する場合には、為替リスクが存在する。
海外の国や企業が自国通貨で発行するケースが多く、理論的には世界の通貨の数だけの種類が存在することになる。しかし、通貨の種類によっては、為替相場の安定性や規模などから、債券の信頼性や流通性などに差が出てくるため、国際的な資金調達の手段として発行するには不利な通貨もある。日本で一般に販売されているものは、外貨の中でも世界の主要通貨のものが中心である。なお、日本国内で非居住者が発行する外貨建て債券のことをショーグン債という。

(出典 野村證券ホームページ)

 

外貨建て債券とは日本円以外の通貨で元本を払い込み償還金や利息なども外国通貨で払うことを約束した債券のことです。
発行者、発行市場、通貨のいずれかが海外である外国債の一つであり海外の国や企業が自国通貨で発行するケースが多く、世界の通貨の数だけの種類が存在するといえます。日本で一般に販売されているものは外貨の中でも世界の主要通貨のもので、例えば、米ドル建てや豪ドル建て、ユーロ建てなどです。外貨建て債券は、円の債券より高い金利が魅力で、満期まで保有すれば外貨の額面金額で償還されるが、日本円の資金を外貨建て債券で運用し、最終的に日本円で回収する場合には為替リスクや価格変動のリスク、信用リスクが生じます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

外貨建て債券とは、海外における通貨が円以外で建てられている債券のことを意味します。その利益は円で受け取ることもできますが、外貨での指定にすることによって、円高になった際にはさらに利益を増やすことが可能ですが、為替リスクが存在します。債券の金利は国によって大きく異なるために、非常に魅力ある商品を選ぶことができるという特徴を持ちます。そして為替の変動による利幅の増加も見込めるために、通貨取引の性質をも併せ持つものとなります。

(出典 東海東京証券ホームページ)