銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

会計基準とは

貸借対照表や損益計算書などの財務諸表は、決められた会計基準に従って作成されるが、すべての企業が同一の基準で決算を行っているわけではない。財務指標を利用して投資判断を行う場合は、その企業がどのような会計基準で財務諸表を作成したのかを確認することが重要である。

会計基準は、同一国の中でも選択の幅があり、また、国際間では更に幅広い会計基準が存在する。現在、「国際会計基準」という統一基準が作成されつつある。

日本でもこのような状況を反映して、従来の「個別財務諸表」を中心とした制度から、「連結財務諸表」を中心とした制度への転換がはかられた。

(出典 野村證券ホームページ)

 

会計のルールは、それぞれの国において慣行や法令等で定められるものです。したがって世界各国の会計には、その国の法令等が定める特色があらわれています。

日本の会計は、一般に公正妥当と認められる「公正なる会計慣行」を規範としています。公正なる会計慣行とは、1949年に大蔵省企業会計審議会が定めた「企業会計原則」を中心とし、以後、経済・社会の変化にあわせて同審議会が設定してきた会計基準と、2001年からは企業会計基準委員会(会計基準の設定主体が変更)が設定した会計基準を合わせたものを指しています。そしてこの会計基準は、経済の多様化、グローバル化に伴う国際会計基準とのコンバージェンス(統合化)をベースに会計ビッグバンと呼ばれる大改正が加えられました。

近年IFRSを採用する企業も増えています。

(出典 日本公認会計士協会ホームページ)

 

会計基準とは、国が定める法律ではなく会計報告や会計処理における法規範のことを言います。たとえば貸借対照表や損益計算書などの財務諸表は会計の定めれた基準により作成されますが、すべての企業が同一の基準で会計を行っているわけではありません。会計基準は同じ国内であっても選択肢があり、国際間では更に多くの選択肢があります。近年では経済のグローバル化に伴い、国際会計基準が統一基準として作成される流れがあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)