銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

外国株式とは

海外(外国籍)の企業が発行する株式のこと。

国内の投資家も、原則、外国証券取引所、および国内の金融商品取引所に上場している外国株式に投資をすることができる。

取引をするにあたり、まず証券会社に「外国証券取引口座」の開設をしなくてはならない。

(出典 野村證券ホームページ)

 

外国株式とは、海外の企業などが発行する株式のことを言う証券用語になっています。証券会社によっては国内の投資家も外国の株式などを取引できるようになっています。インターネットなどでは、よく見かける言葉になっていて、投資を行っている人もいるようです。このように、外国株式について紹介してきましたが、海外の企業などにはグローバルに活動している優良企業なども多くありますので、外国株式は人気があるようです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

(外国籍)の企業が発行する株式のことです。国内の金融商品取引所に上場している外国株式を指す場合と、外国証券取引所に上場している株式を指す場合とがあります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

海外(外国籍)の企業が発行する株式のこと。 国内の投資家も、原則、外国証券取引所、および国内の金融商品取引所に上場している外国株式に投資をすることができる。 取引をするにあたり、まず証券会社に「外国証券取引口座」の開設をしなくてはならない。

(出典 QUICKホームページ)

 

外国株式とは、海外の証券取引所に上場している株式のことです。なお、国内の証券取引所に上場している外国企業の株式は、国内株式と同様の方法でお取引ができます。

(出典 岡三証券ホームページ)