銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

外国為替とは

世界各国は、自国で流通する通貨がそれぞれ存在する。
各国の通貨を交換する、例えば、日本円とアメリカドルの2つの通貨を交換することを、一般に外国為替と呼んでいる。
外国為替市場とは、ドルなどの外貨を円で売買する場所である。日本では、ドルと円の交換レートを一般的に円相場といい、その際に適用される、為替レートのことを適用為替という。

(出典 野村證券ホームページ)

 

世界各国では自分の国で流通する独自の通貨があります。国と国の間で通貨を交換することを一般的に外国為替と言います。具体的には、日本の円をアメリカのドルに交換するといった内容になります。ドル等の外国の通貨を日本円で売買することが出来る場所が外国為替市場と言います。この外国為替の変動により輸出企業等の業績にとても大きな影響を与えることがあります。ドルと円を交換する場合の交換レートを円相場と呼んでいます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

各国の通貨を交換、つまり、異なる2つの通貨を交換することを、一般に外国為替と呼んでいます。外国為替市場とは、ドルなどの外貨を円で売買する場所です。日本では、ドルと円の交換レートを一般的に円相場と言います。その際に適用される、為替レートのことを適用為替と言います。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)