銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

外国為替市場とは

外国為替市場は、全てが相対マーケットで成り立っている。よって、株式市場のように金融商品取引所はない。相対マーケットであるので、例えば、海外旅行に行く際に、銀行に行き、日本円をアメリカドルに両替したとすると、そこが外国為替市場となる。

ただし一般的に、外国為替市場とは、銀行間(インターバンク)市場のことを指す。海外旅行の際の両替など顧客からの注文は、銀行などの金融機関が、一度、自己ポジションでその注文を受け、銀行間市場で、その自己ポジションの調整を行うことで、成立している。

外国為替市場において、東京市場という考え方は、単に時間的な区切りでしかない。月曜日の朝にシドニー市場(東京午前3時頃から)が始まり、金曜日のニューヨーク市場(東京土曜午前6時)が終わるまで不断に連鎖して続いている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

外国為替市場とは、外国為替取引が行われる場のことを言い、ここで為替レートが決まります。以前は銀行間取引が行われる場でしたが、1998年の新外国為替法で、輸出入業者や保険会社なども市場に直接参加できるようになりました。取引は電話を通じて行われ、為替ブローカーと呼ばれる仲介者を経由する場合が多くあります。市場には、外国銀行も日銀も参加します。また、一般の人が銀行で日本円をアメリカドルに換金した場合も、そこが外国為替市場となります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

米国のドルと日本の円、欧州のユーロと日本の円、など異なる国や地域の通貨をその交換レートで取引する市場で、通常、外国為替銀行の間で取引が行われる場を指します。外国為替銀行の顧客には、輸出入などの貿易取引、証券投資や直接投融資など資本取引、運賃や保険料、手数料、海外旅行費用などの経常的な経済取引、市場介入など政府や中央銀行による取引を行うものやそのための両替商がいます。外国為替銀行はこれらの対顧客取引によって生じた外国為替のポジション(持ち高やその過不足)を調整するために相互に外国為替の取引を行います。この市場を外国為替市場と言い、特に対顧客市場と区分するためにインターバンク(銀行間)市場ともいいます。取引は銀行間の取引を仲介する外国為替ブローカーによるものと銀行間で直接取引されるものがあります。外国為替市場は一国や一地域に閉じたものではなく、広く他の国や他の地域でも相互に行われ東京市場、シンガポール市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場などと呼ばれますが世界中に数多く存在しそれらが明確に区分されることはなく、一年365日24時間相場が動いています。外国為替市場で形成された相場を外国為替相場と言い、それにもとづいて対顧客市場が形成されます。一日一回あるいは複数回銀行が窓口などで提示する外国為替交換レートもその一つで、対顧客相場と呼ばれます。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

外国為替取引を行う場。インターバンク市場と対顧客市場の2つに大別され、通常、外国為替市場という場合にはインターバンク市場を指す。証券取引所のような取引所は存在せず、シドニー、東京、香港、シンガポール、チューリッヒ、パリ、ロンドン、ニューヨークなどの世界各国の都市における、24時間オープンの市場。以前は「テレフォン・マーケット」と呼ばれ、銀行間で専用の電話回線を通して取引を行っていたが、現在は、通信端末などのモニター画面を使って取引を行う、電子ブローキングに変わってきている。

(出典 マネーパートナーズホームページ)