銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

外国債とは

外国政府、外国法人、国際機関の発行する債券。単に「外債」と呼ばれることもある。
日本の企業などが海外で発行する債券も外債と呼ばれ、一般に発行者、発行市場、通貨のいずれかが海外である場合には外債と呼ぶ。

(出典 野村證券ホームページ)

 

外債と呼ばれることもあり、外国の政府や法人などが発行する債券のことを外国債と言います。外国の通貨や市場、発行者のいずれかが外国である債券のことです。日本企業であっても海外市場や外国通貨での債券の発行であれば、外債となります。海外企業が日本国内で円建てで発行する債券、いわゆる「サムライ債」も外債のひとつになります。サムライ債以外にも外貨建債券(ショーグン債とも呼ばれる)や二重通貨建債券などの種類があります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

外国債は、「外国債券」や「外債」とも呼ばれ、外国政府や法人が発行する債券のことで、発行者だけでなく、通貨や発行場所のいずれかが海外である場合も含まれます。基本的な仕組みは、国内債券と同様ですが発行される債券の国の信用度や金利動向、為替相場などの影響を受けるところが国内債券と異なります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

外国債券とは、「発行体」、「発行地」、「通貨」のいずれかが外国の債券のことをさします。

(出典 SBI証券ホームページ)