銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

外国投資信託とは

外国の法律に基づき外国で設定された投資信託のこと。
略して「外国投信」や「外国籍投信」とも呼びます。証券会社などが輸入して国内でも販売しています。販売に当たっては、国内で設定・運用される公募投信同様、金融商品取引法でのディスクロージャーの適用があります。海外の株式や債券で運用するファンドでも日本で設定されたものは国内投資信託に分類されます。

(出典 大和証券ホームページ)

 

外国の法令に基づいて海外で設定された投資信託をさす。会社型と契約型に大別される。

外国の株式・債券等で運用される投資信託でも日本で設定されたものは「国内(籍)投資信託」であり、日本株で運用される投資信託でも外国で設定されたものは「外国(籍)投資信託」である。

海外では日本と運用規制が異なるため、日本では設定できない種類の商品を設定することができる。ルクセンブルクや、ケイマン、モーリシャスなど投資に対する税金が低い国で組成され、管理されていることが多い。

代表的な外国投資信託に、外貨MMFがある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

海外で、海外の法令に基づいて設定される投資信託のことです。例えば、運用対象が全て日本の資産であったとしても、海外で、海外の法令に基づいて設定される投資信託は外国投資信託に分類されます。国内で販売されている証券投資信託では、外貨建てMMF(マネー・マーケット・ファンド)が外国投資信託の代表です。外国投資信託は日本にはない商品性だったり、税制面で有利な面があったりしますが、外貨建ての場合は為替リスクがありますので注意が必要です。なお、外国投資信託であっても、日本で販売される場合は、日本の法令に基づいて販売・勧誘が行われます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

外国投資信託とは、外国の株式や債券などを織り交ぜた投資信託のことです。一般的に国内の株式や債券に投資する商品よりもリスクは高いが、リターンも高いし商品のバラエティが豊富であるという特徴があります。様々な国々の債券をまとめて1つの商品とした投資信託であったり、非常に多くの投資信託があるが証券会社の窓口で購入できます。インターネット回線を通じて、証券会社から購入することもできるので、多くの投資家が買いやすくなっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

外国の債券や株式に投資し、外国において外国の法令や規則に基づいて設定された投資信託のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)