銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

買い下がりとは

買い下がりとは、底値付近で購入した、所有する株価や外国為替の市場価格が、元本に対して下落してしまった場合において、買い増しを行う取引のことを指します。この取引方法は投資家達の間では、別名でナンピンとも呼ばれていて、主に所有する株価や、外国為替の平均価格を下げる狙いがあります。単純に有価証券を買い増す取引であるため、為替リスクは増えてしまいます。しかし将来、市場価格が上昇するという確信がある際は、有効な取引方法となり得ます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

底値付近にある銘柄に対し、始めは少額の投資資金で思惑通り相場が反転するかどうかを探りながら、徐々に安く買い直す投資手法のこと。

現物の株式売買や信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引等のボックス圏相場などで用いられる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

相場が安くなるほど買い玉を多くすることで平均の買値を低くして、比較的大きな売却益を狙うこと。また、「ナンピン買い下がり」といって、信用取引で買ったあと、予測に反して値下がりしたときに買い増して平均買値を低くしておくと、あとで値上がりしたときに利益が大きくなる手法もあります。
⇔売り上がり

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

株価が下がるにつれて買い株数を増やしていく売買手法です。平均的に購入単価を下げていくことを目的とします。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)