銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

会社四季報とは

東洋経済新報社から1年に4回発行されている、企業内容を調べるための代表的な投資情報誌の一つ。A社の株価が大幅反発。前日比310円高の2680円まで値を上げた。『会社四季報』最新号によれば、業績は「上振れ」見込み。この2カ月ほど底練りの相場が続いたため、やっと動意づいたものと思われる。会社四季報は、「投資家のバイブル」とも呼ばれています。国内市場全上場企業の業績および配当予想、財務・大株主情報、資本異動、株価推移などを掲載しています。特に個人投資家や市場関係者から注目されているのが、四季報独自の業績2期予想であり、発売日には四季報の予想を材料に株価が動くこともあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

東洋経済社が年に4回発売している日本の上場企業に関する書籍です。昔から投資家必携本として重宝されています。上場企業の状況に関する近況コメント、株主構成、財務データ、財務諸表、業績予想などを一社ごとに記者がそれぞれの企業を訪問調査してコメントしています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)