銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

会社分割とは

会社分割とは、一又は二以上の会社がその事業に関して有する権利義務の全部又は一部を分割により設立する会社に承継させたり、他の会社に承継させることをいう。

事業譲渡と同じ目的で選択されるケースが多い。事業譲渡は資産、負債及び契約等を個別に移転させなければならないのに対して、会社分割は包括承継であるので、会社分割の法務手続を踏むことでまとめて移転できる違いがある。

(出典 日本M&Aセンターホームページ)

 

会社(株式会社または合同会社)の事業に関する権利義務の全部または一部を、他の会社または新設する会社に承継させることにより、会社を分割する制度です。
会社分割には、分割する会社の権利義務の全部または一部を他の会社に承継させる「吸収分割」と、分割により設立する会社に承継させる「新設分割」の2つの態様があります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

会社分割とは、会社が事業に関して有する権利義務の全部または一部を他の会社に包括的に承継させることをいう。分割の態様には2つあり、切り出す事業を既存の会社に承継させる態様を吸収分割といい、切り出す事業を新しく設立する会社に承継させる態様を新設分割という。
また、分割の対価を受けるのが分割会社か分割会社の株主かにより、2種類の方法があり、前者が分社型分割(物的分割)後者が分割型分割(人的分割)といわれる。
M&Aの手法として、買収対象事業を新設分割により分社化し、分社化した会社の株式を買取る、などといった使われ方をするケースもある。

(出典 山田コンサルティンググループホームページ)

 

会社(株式会社または合同会社)がその事業に関して有する権利義務の全部または一部を、分割後他の会社または新設会社に承継させること。

分割会社の権利義務を既存の他の会社(承継会社)に承継させるものを「吸収分割」といい、分割により新たに設立される会社(新設会社)に承継させるものを「新設分割」という。

承継会社・新設会社は、承継の対価を分割会社に対して交付する。旧商法では、分割の対価を分割会社に交付する「物的分割」と、分割会社の株主に交付する「人的分割」に分けられていた。新会社法(平成18年5月施行)では、「人的分割」が廃止され「物的分割」に一本化されたが、一旦「物的分割」を分割会社に交付した後、剰余金の配当等を分割会社の株主に交付することで、「人的分割」と同様の効果を得ることができる。

また、旧商法では、権利義務の承継の対価は、承継会社または新設会社の株式に限られていたが、新会社法の施行後、吸収分割の場合は、権利義務の承継の対価として、承継会社の株式を交付せず、金銭その他の財産を交付することも可能となった。

(出典 野村證券ホームページ)

 

企業が機動的に組織を再編し、効率的な経営を可能にするための方法。
事業の一部または全部を切り離し、他の会社にその事業を承継させる「吸収分割」と、新会社として独立させる「新設分割」の2つの方法があります。

(出典 大和証券ホームページ)

 

会社分割とは、ある会社が、自己の事業において所有する権利、義務の一部(時に全部)を、他の会社、又は新設した会社に継承させることです。権利義務を他の会社に継承させる場合は、吸収分割と呼ばれ、新設会社に継承させる場合は新設分割と呼ばれます。利点として、例えば、缶詰の生産、輸送、販売を一元的に行う会社があったとします。会社分割によって輸送、販売の部門を切り離し、新設会社にその事業を継承させます。生産部門だけ残った元の会社はより品質の高い缶詰を生産できる、などの事例が考えられます。

(出典 東海東京証券ホームページ)