銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

会社法とは

会社の設立や運営のルールについて規定した法律。

従来、日本には「会社法」という名称の単一の法律はなく、会社の設立や運営のルールを規定する「商法第2編 会社」、「有限会社法」、「株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律(商法特例法)」などを総称して「会社法」と呼んでいた。2005年に、これらを統合した「会社法」(「新会社法」)という名称の法律が成立した。

また、2015年5月に施行された改正法では、コーポレートガバナンスの強化や、親子会社に関する規律の見直し(多重代表訴訟制度の導入など)が主なポイントとなっている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

会社法とは、会社の創設や会社運営の為の規則やルールが決められている法律のことを言います。2004年までは有限会社法や株式会社の商法等の法律を総称して会社法と呼ばれていましたが、2005年から統合し新たに成立した法律となっています。主な特徴としてましてはカタカナで表現されていた内容が平仮名及び口語体にされている為、非常に分かり易い内容となっています。企業を設立する場合には必ず必要となる法律のひとつとなります。

(出典 東海東京証券ホームページ)