銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

買い建て玉とは

信用取引で買いから入って、反対売買されずに残っている未決済銘柄のこと。
「買い玉」ともいいます。
⇔売り建玉

(出典 大和証券ホームページ)

 

信用取引の「建玉(たてぎょく)」とは、約定後に反対売買や現引き・現渡しされず残っている未決済契約の総数のことです。

証券会社から信用を供与されて、お金を借りて買い建てたり、株を借りて売り建てたりする取引が「信用取引」になります。そのため、買いで借りたお金や売りで借りた株は、期限内に返済しなければなりません。返済されるまでの間、お金を借りて買い建てた株を「買い建玉(かいたてぎょく)」、株を借りて売り建てている株を「売り建玉(うりたてぎょく)」といいます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

信用取引や先物・オプション取引などで、手じまいされずに未決済のまま残っている約定のこと。「ポジション」ともいいます。買ったままで未決済の約定を買い建玉、売ったままで未決済の約定を売り建玉といいいます。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

信用取引・先物取引・オプション取引において、未決済になっている契約総数のこと。玉ともいう。売り建て玉と買い建て玉がある。
ある契約の建玉が1枚あるということは、その契約に関して一人の売り手と買い手がいることを意味する。

(出典 野村證券ホームページ)

 

買い建て玉とは、株式や先物などの買付けをして、まだ決済をしていないもののことです。これを売却して決済することを玉を切ると言います。株数や枚数、そして単価によってどのようなポジションを保有しているのかを把握するために用いる表現となります。また、株式においては信用取り引きによって買われた株式も、この買い建て玉に含めて管理することになります。反対に売りの未決済があれば、売り建て玉と表すことになり、買い建て玉と分けて管理することになります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

決済が未了である約定に係る数量(オプション取引の場合は、権利行使に係る決済が未了である約定に係る数量)を建玉といいます。売付けに係るものを「売建玉」、買付けに係るものを「買建玉」といいます。

(出典 日本証券取引所グループホームページ)