銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

買い乗せとは

先高を見込んで買ったところ、予想通り相場が上がって利が乗ったので、さらに先高を見込んで買い物を増やすこと。

⇔売り乗せ

(出典 大和証券証券ホームページ)

 

買い乗せとは、利乗せの一種で主に信用取引において上げトレンドでロングポジションを増やすことを言います。買う方が株価が値上がりをするとともにさらに買い増していき、相場の上昇が予想した通りに上昇した場合に、さらに先高を見込んで買い増すことを言います。買い乗せは一般に相場の方向が見えてから買いを増やすことになるので、短期間で利益を出すためには有利ですが、リスクが高いという一面もありますので、自分に起こるであろうリスクを十分に考えた上で、無理のない範囲内で慎重に、且つ冷静に行うことが大切となります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

主として信用取引において、ロングポジション(買い持ち)の投資家が、予想通りに上昇を続けている相場局面でさらに買いを入れること。

(出典 野村證券ホームページ)

 

買ったあと相場が上がり、利益になる勘定になるが、相場はさらに上がると見込んで買い増すことをいう。

(出典 日本商品先物振興協会ホームページ)