銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

買増請求制度とは

1単元の株式数に満たない単元未満株式を保有している株主が、1単元株式となるように発行会社に対して買い増しを請求できる制度。

「買増制度」とも呼ばれている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

買増請求制度とは、単元未満株式を発行している株式会社において、小規模株主を保護するために設けられている制度です。1単元に満たない、所謂単元未満株式を持っている株主が、その株式を発行している株式会社に対して、ちょうど1単元となる株式を譲渡するように請求できるようになっています。新たに新株を発行する方法と、既存の株式を請求者に割り当てる方法があります。株主にとっては、買増をすることで株主総会における投票権を有するようになるなどのメリットがあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)