銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

買い持ちとは

株式や債券など、単独での値上がりを期待して購入した有価証券を、すぐには売却をせずに長期間持ち続けること。 

外国為替取引の場合、外貨を「買って保有している状態」または「買いの持ち高」が「売りの持ち高」を上回っている状態(ロングポジション)を指す。

(出典 野村證券ホームページ)

 

買い持ちとは、単独での値上がりを期待して購入した有価証券を、すぐには売却をせずに長期間持ち続けることを意味します。投資には買いと売りのどちらのポジションも取ることができますが、相場が強いと判断すれば売りポジションを持たずに買いポジションのみを抱えるものとなります。多くの場合はリスクヘッジとして反対のポジションも多少は持つものですが、利益率を高めるために買いポジションのみを保有している状態となることになります。狙い通りに上げ相場となれば、大きな利益を得るポジションになります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

買いポジションを保有している状態。[対義語:売り持ち]

(出典 マネックス証券ホームページ)

 

外国為替の売買の結果、買い為替の合計が売り為替の合計を超過している状態です。
信用取引や清算取引で、買い付けてまだ転売していない買建玉(かいだてぎょく)です。または、買い入れた手持ちの現物です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)