銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

解約請求とは

投資信託の換金方法の1つで、お客様(受益者)が投信会社(委託者)に対して、信託契約の解除を請求する換金する方法のことです。投資信託の換金方法には、解約請求のほか、『買取請求』があります。 
個人が国内公募株式投資信託を解約請求により換金した場合の損益は、上場株式等の譲渡所得等とされ、申告分離課税の対象となり、原則として確定申告が必要となります(特定口座の源泉徴収選択口座および日本版ISAの非課税口座での取引を除く)。公社債投資信託を解約請求により換金した場合の差益は、利子所得とされ、源泉分離課税の対象となります。ただし、マル優等の非課税貯蓄制度の適用を受けている場合には、非課税です。

(出典 福島銀行ホームページ)

 

投資信託(ファンド)を現金化する方法のひとつ。
現金化するには、「解約請求」と買取請求があり、解約請求の場合は、投資家が解約する投資信託の受益証券と引き換えに信託財産から受益相当分が解約され、信託財産は解約分だけ減少します。ファンドによっては解約時に信託財産留保額を控除される場合があります。控除されるファンドはその旨が目論見書などに記載されています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

解約請求とは、投資家が保有する投資信託を解約して換金する方法です。解約請求は、委託会社への請求となりますが、実際は証券会社などを通じて行います。
投資信託の換金方法には、解約請求の他、買取請求があります。買取請求は販売会社によっては対応していないところもあります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

投資信託の換金方法の一つ。受益者が販売会社を通じて運用会社に信託財産の一部解約を請求することです。

(出典 セゾン投信ホームページ)

 

投資信託を行なっている際、換金する方法としては2種類があります。それが、解約請求と買取請求です。このうち解約請求においては、投資家が解約しようとする受益証券との引き換えに、投資信託の信託財産から、受益証券に相当する分が解約されます。そのため、信託財産が解約された分が減少することになります。従来、所得の分類を行なうに当たって、解約請求は配当所得に分類されていたのですが、現在では譲渡所得に分類されています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

投資家が保有する投資信託を解約して換金する方法です。
解約請求は、委託会社への請求となりますが、実際は証券会社などを通じて行ないます。投資信託の売却は他に、買取請求がありますが、いずれの方法で換金しても、上場株式などの譲渡所得(申告分離課税)となります。したがいまして、「解約」「買取請求」のどちらを選択しても、税金のお取扱いは同じです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

投資信託の換金方法には買取請求と解約請求2通りあります。証券会社など販売会社を通じて、信託財産の一部の解約を請求することにより換金する方法です。なお、買取請求と税制が異なります。

(出典 楽天証券ホームページ)

 

投資家が投資信託委託会社(運用会社)に対して信託契約の解除を請求する換金方法のこと。途中換金したい投資信託を、証券会社等の販売会社を通じて、信託財産の一部を解約を申し出る方法で、「解約請求」と呼ばれる。信託財産全体からみると一部が解約されることになるので、「一部解約」とも呼ばれる。

(出典 投資信託協会ホームページ)